ニュース; CVSがターゲットの薬局を買収

米ドラッグストアチェーン大手CVSヘルスが小売りチェーン大手ターゲットの薬局を買収すると発表しました。

買収後、CVSヘルスはターゲットの全米47州にある1660店舗余りの薬局を借り、店舗表示を「CVSファーマシー」に変更して事業を引き継ぐ形です。Targetの薬局の顧客だった方は CVS Health Corporation’s pharmacy care programs に自動で移行することになります。詳しくはこちらへ

私はCVSは個人的に買い物しやすく、大好きなんですが、近所のCVSの薬局はミスが多く、他人の大人の処方箋が私の子供の処方箋に過去1年で2回入っていたので、薬局においては避けていました。私の地域の話ですが、ご近所さんやお友達に聞いて、どこが評判が良いか悪いか等、これを機に確認してみてもいいですね!

ico-5このニュースで思うのは、どこの薬局で処方されても、特に中身の確認(お薬名、自分の名前)とお薬の本で副作用の確認は怠らないようにしようということです!

たとえば、私の場合はステロイドを飲むと、長い期間生理がこなくなります。これは咳が止まらなくて処方されて、後に生理がとまり最初は何が理由か最初はわからなかったんですが、調べていったら、本に副作用がきちんと記載されていました!上の本は私が使用しているものです。本で調べた後は、自分で自覚があるので、お医者にそれ以外お薬をお願いしています。お薬に関しての知識不足で受身になる事がこんなに怖いことなんだと、生理がこなくなって初めて思いました!

また、お薬により便秘になるので、stool softer (お通じをよくするお薬)も一緒に飲もうとかも対応もできます。私は交通事故に2年前にあい、ERから出た後に、痛み止めをもらったのですが、その痛み止めがものすごい強い物で、お通じが2週間こなくなり、出産か?くらいのひどい痛みでした。こんなとき、本で調べている場合じゃなく知識もなかったのですが、その2ヶ月後マムシにかまれた入院した時にはもう学習済みでちゃんと、お通じをよくするお薬を自分でナースの方に頼んで持ってきてもらいました。自宅で、一緒にのんでもいいのか自分判断で不明なときは、健康保険の会社がナースの無料サービスをしているので、そこへも電話しています。

副作用は個人個人異なるのですが、知ることで、お薬服用後の自分の体の変化には最新の注意を払う癖もつきます!毎回調べていくと、自分のお薬だけでなく子供のお薬にも精通してくるので、家庭に1冊お薦めです!

Sorry - Comments are closed

イースターエッグハント

アンケート

キャシュバックサイト
Saving Star;今週のヘルシーデイール
クーポン印刷
クーポン印刷 Capture9
オーガニック系クーポン印刷
ポイント-ログイン Capture7
BOX TOPSためていますか? Capture10